面接のマナーとは? | アルバイトでも、人生というのは変えられます
menu

面接のマナーとは?

ベッドにねている女性

では最後に、アルバイトの面接でうまく採用されるために色々アドバイスしていきたいと思います。
アルバイトの求人なら基本的にはどれに応募しても採用される可能性は高いと思いますが、場合によってはなかなか受からない人だっているでしょう。

まず大事なことは、絶対に履歴書は綺麗な状態で持って行くことです。
履歴書というのはあなたの性格を表すものになります。
例えばくしゃくしゃになってしまった履歴書を持って行ってしまったら、当然あなたに対する印象はそれだけで悪くなってしまうでしょう。
この人に仕事を任せたらトラブルになるかもしれない…と思われてしまうかもしれません。
だから履歴書を持参する際には、必ず綺麗な状態を維持するようにしてください。
これだけでも採用されるかどうか、だいぶ違ってきます。

そしてもうひとつ大事なことは、嘘をつかないようにすること。
これは多くの人がやってしまいがちです。
嘘というのは一度ついてしまうと、後処理がとても大変になってしまいます。
その理由は、面接官に話を掘られてしまう可能性があるからです。
また嘘をついてしまうと別の話をしているときに、矛盾が生じる可能性があります。
つまりその時点で面接官は嘘をつかれたと認識するので、当然採用されることはないでしょう。
嘘をどうしてもつくんだったら、徹底的に対策しないといけません。
ただそんなことに時間をかけるくらいなら、最初から正しいことだけを面接で話すようにした方がいいでしょう。
その方が話は簡単になります。
もちろん履歴書にも嘘は絶対に書かないようにしましょう。

あとはきちんと姿勢を正しくして、相手の目を見てはっきりと話すようにすればいい印象を与えられるはずです。